知識/雑学

フィットネスジムの種類と特徴 メリット,デメリットまとめ

一般的にフィットネスジムといえばプール,スタジオ,トレーニングマシンが揃っているような大型のジムを想像されるかと思いますが、そういったジムだけでなく、行政や公共団体が運営している安価に利用できるジムや、プロのトレーナーのマンツーマン指導が受けられるジムなど様々形態の施設があります。

筋トレやダイエットのためにフィットネスジムに通うことも検討される際に、どのようなジムがあるのか参考になるようにフィットネスジムの種類と特徴、メリット,デメリットについてまとめました。

 

フィットネスジムの種類

フィットネスのジムの形態は大別すると3種類になります。
それぞれの種類のなかでも運営形態やサービス内容などによって細かく分かれますが、本記事では代表的なジムの形態別の「公営ジム」「会員制ジム」「パーソナルジム」について、それぞれの特徴とメリット,デメリットを記述します。

 

公営ジムとは?

概要

市区町村といった行政や公共団体が運営している公営のジムです。
お住まいの地域にも体育館や球技の競技場などのスポーツ施設があると思いますが、それらの施設の一角などに公営ジムがある場合が多いです。

メリット

なんといっても価格の安さです。
施設によって異なりますが、1時間や2時間の利用で数百円という格安料金で利用することができます。

また、居住地などの制限はある場合があるものの、入会金などの初期費用が不要なことと、月額制などではないため、利用したい時だけ利用することができるため、ジムに行く回数が少ない方でも気軽に利用しやすい施設です。

デメリット

設備が整っていない

公営で利用料金が安いということで、設備に費用が掛けられていない施設が多く、各器具やマシンの数も少ないので、タイミングによっては使えない可能性も高いです。
特に公営ということで健康増進を目的とした施設が多く、フリーウェイトが無い場合もありますし、あったとして高重量まで揃えているところは少ないです。

トレーナーがいない

これも料金が安いため仕方ないですが、指導してくれるトレーナーは基本的にいません。
監視員のような人がいる施設もありますが、あくまで監視員であり、特段トレーニングの知識があるわけではないのでトレーニングの指導をしてもらえるわけではありません。

マナーが悪い

監視員がいない場合など、周囲への安全確認や気遣いなどをされない人が多く見受けられます。

トレーニングの際に周囲への安全確認などは必須ですが、安全確認もせずにトレーニングを行っていたり、間違った危険な使用方法でトレーニングを行っている人もいますし、一人で器具を独占して使用している人などもいます。

公営ジムまとめ

公営ジムはトレーニングビギナー、特に高齢者が多い印象です。
ビギナーということもあり、他の人のトレーニング中に不用意に近づいてきたり、間違った危険な器具の使用をしている人など、ジムマナーを理解していない人が多いです。

また、トレーニング指導をするトレーナーもいないため、公営ジムを利用するのは器具の使用方法やトレーニング方法を理解しており、周囲を気にせず集中してトレーニングできる方であれば利用するのもありだと思います。

 

会員制ジムとは?

概要

公営ジムと違い、民間企業が運営する会員制のジムです。民間企業が運営しているため、公営ジムよりは価格が高くなります。

運営企業により、設備や運営方法が異なるためプール,スタジオ,マシンが揃っているような総合フィットネスジムやマシンに特化した24時間営業のトレーニングジムなど、提供サービスも値段も様々です。

また、同じジムであっても平日限定や週末限定、日中だけや夜間だけ利用できるといった時間帯に制限があるプラン。そういった利用時間に制限のないプランなど、料金の異なる数種類の契約プランを設定しているジムが多く、自分のライフスタイルに合ったプランで契約することで、費用を抑えて利用できる場合もあります。

メリット

設備が整っている

マシンが充実しているのか、ダンベルやバーベルなどのフリーウエイトが充実しているのか、もしくはプールやスタジオといった施設が充実しているのか、ジムによって異なりますが、トレッドミル(ルームランナー)やエアロバイクなどの有酸素運動系は数も充実しており、メジャーなトレーニングマシンも基本的に公営ジムと比較すると設備の充実度は高いです

トレーナーがいる

民間企業が運営しているため、サービスの一環としてスタッフがマシンの使い方や目的に応じたトレーニング方法など色々と教えてくれます。
ただし、ジムよってスタッフの質は異なりますので、詳しい知識を持ったトレーナーもいれば、最低限の知識を持ったアルバイトのスタッフの場合もありますし、他のお客への対応もあるため、付きっきりで指導してもらうことはできません。

ジム仲間ができる

基本的に月額制での契約プランのため、ジムでのトレーニングを習慣としている人ばかりです。
習慣ということは、ある程度ジムに通う曜日や時間帯が決まっているため、顔見知りになる人がでてきます。
特にトレーナーによるグループでのトレーニングプログラムがある場合などは、同じトレーニングを行うためジム仲間として交流が広がる場合もあります。

デメリット

ある程度の費用がかかる

会員制のため入会費や月額費がある程度かかります。
ジムに行く回数が多いと1回あたりの費用は下がりますが、通える頻度が低いと1回あたりの費用が高くなってしまうことになります。

色々な運用形態のジムがあり、ジムによっても様々なプランがあるので自分に合ったものを選択することで、費用はおさえることができますが固定費として費用がかかります。

また、ジムの料金は基本的に設備やサービスと比例します
最新のマシンが揃っていたり、プールなどの設備が整っているジムであれば、どうしても費用が高くなります。

会員制ジムまとめ

ジムに行く目的は人によって異なると思います。
本格的に筋トレを行いたいのか、ダンスやヨガなどのトレーニングプログラムに参加したいのか、トレッドミル(ルームランナー)などの有酸素運動のためにリーズナブルに利用したいのか、自分の目的に応じたジムに通わなければ、満足度が低くなり最終的に退会してしまうことになります。

会員制ジムは運営会社によって施設の規模や器具の種類、運営時間や料金など様々ですので、自分の目的やライフスタイルを踏まえ、希望に合ったジムやプランの選択が必要になります。
ジムの見学はもちろん、1回の数千円で利用できる場合もありますので、自分に合ったジムなのか確認したうえで契約しましょう。

 

パーソナル(プライベート)ジムとは?

概要

「結果にコミットする」というキャッチフレーズと印象的なCMでになったライザップが有名ですね。

一般的な会員制ジムと異なり、専属トレーナーからマンツーマンの指導を受けることができます
トレーニングメニューはもちろん食事メニューの指導なども行ってもらえます。
一般的なジムではジムの設備を利用するために料金を支払うものですが、パーソナルジムでは専属トレーナーの指導に対して料金を支払うイメージです。

マンツーマンでの指導のためジムの利用日時もあらかじめ予約をして利用することになります。

メリット

正しい指導をしてもらえる

専属トレーナーに付きっきりで指導してもらえるため、目標に対して効率的で正しいトレーニングを行うことができます。

トレーニングビギナーの場合、いざトレーニングを始めようとしてもトレーニングの方法やマシンの使用方法など分からないはず。
正しいトレーニング方法で行わないと、効果がでづらいだけでなくケガのリスクもあります。

パーソナルジムであれば知識をもったトレーナーに指導してもらえるため、そういった心配がありません。

トレーニングに集中できる

専属トレーナーが付きっきりのため、トレーニングメニューの構成や回数など自分で考える必要がありません。

筋トレが辛く、目標回数に到達する前に途中でやめてしまいそうになっても、トレーナーが補助してくれたり喝を入れてくれるので目の前のトレーニングに集中することができます。

トレーニングが継続できる

一般的なジムであれば、いつジムに行くのか、どのようなトレーニングをするのかなど、すべて自分次第です。

パーソナルトレーニングは予約制のため、ジムに行く日が決まっているため自分だけだとサボりがちになる人でも継続してトレーニングできます。

食事の指導もしてもらえる

いくらトレーニングを頑張っても適切な食事ができていないと効果が半減します。

食事はトレーニングと同等といってもいいほど重要なので、摂取カロリーはもちろん、栄養価のバランスなども含め食事指導を行ってもらうプランもあります。

マッチョになりたい人やダイエットしたい人など、目的によって適切な食事内容も変わるため、食事についての指導をしてもらえるのは大きなメリットです。

デメリット

料金が高い

一般的なジムの料金が1ヵ月7,000円~13,000円程度なのに対して、パーソナルジムの場合、1ヵ月数十万円かかります。
マンツーマンでトレーニングや食事指導までしてもらえるといえ非常に高額です。

自分のスケジュールでトレーニングできない

マンツーマン指導のため、自分と専属トレーナーの予定を調整する必要があります。

事前に予約をしておくことになりますので、急に予定が空いたからジムに行こうと思ってもトレーナーの予定が空いていなければ、トレーニング指導してもらうことはできません。

逆に仕事などで急な予定が狂った場合などもキャンセルや予約変更も可能ですが、頻繁に行うことはあまりよろしくないので、気をつけないとなりません。

トレーナーとの相性が合わないリスク

トレーナーも人間ですので、指導スタイルはもとより口調や性格など人それぞれの個性があります。

大手のジムであれば、ある程度指導のマニュアル化などもされていますし、トレーナーの変更も可能ですが、高い料金を支払うことになりますのでトレーナーとの相性は非常に気になるところではあります。

パーソナル(プライベート)ジムまとめ

トレーナーにマンツーマン指導してもらえるため、料金以外の点でいえば最高の環境だと思います。

知識や経験のないビギナーはもちろん、なかなか結果が出ない人やトレーニングはするものの意思が弱く継続できない人などにもうってつけのジムです。

マンツーマン指導でトレーニング指導や食事指導をしてもらえるということに対して、費用が高いと感じるかどうかは個人の感覚次第ですが、明確な目標がありそれを実現したいという人には最適なジムだと思います。

まとめ

フィットネスのジムの形態を「公営ジム」「会員制ジム」「パーソナルジム」という3種類に大別して特徴やメリット,デメリットをまとましたが、どのようなジムに通うのか検討する際に一番重要なことは、自分自身がどのような目的でジムに行くことを考えているのか、目的を明確化しそれに適したジムを選ぶことです。

公営ジムで安くトレーニングするのか、会員制ジムでそこそこの値段である程度のサービスを受けるのか、パーソナルジムで高額ながらもプロのトレーナーの指導を受けて効果的に目標達成するのか。
最終的には、自分の目的とジムの特徴やメリット,デメリットを理解したうえで、実際に検討しているジムに見学や体験をしに行くことが重要だと思います。

実際にジムに行くことで施設の雰囲気やスタッフの対応、客層なども確認することができますが、本記事をその際の参考としていただければと思います。

 

ジムの選び方 選ぶポイントは設備?料金?立地?筋トレやダイエット、運動不足解消のためにジムに通ってみたい。 でもジムって沢山あるしどこのジムがいいのか分からない… ジムに通う...