知識/雑学

ジムの選び方 選ぶポイントは設備?料金?立地?

筋トレやダイエット、運動不足解消のためにジムに通ってみたい。
でもジムって沢山あるしどこのジムがいいのか分からない…

ジムに通うためには入会金や月額費がかかるため、失敗のないようにしたいですよね。

ジムには公営のジムや民間企業が運営している会員制のジム、トレーナーからマンツーマン指導を受けられるジムなど、運営形態の異なるジムがありますが、本記事では一般的に検討されることが多い会員制ジムを念頭にポイントをまとめましたので、ジム選びの参考にしてください。

フィットネスジムの種類と特徴 メリット,デメリットまとめ一般的にフィットネスジムといえばプール,スタジオ,トレーニングマシンが揃っているような大型のジムを想像されるかと思いますが、そういったジ...

 

立地条件

ジムを検討される場合に一番重要になるポイントだと思います。
自宅や職場や学校から近い場所にあるのか、もしくは通勤,通学の経路にあるのかなど、自分の生活範囲にあることが重要だと思います。

ジムまで車で通うのであれば駐車場が併設されていたり、近くのパーキングの料金サービスがあるのか、または電車やバスなどの公共交通機関で通う場合であれば駅やバス停から近くないと利便性が悪いですよね。

また、ジムへ行くタイミングも考慮しておきべきで、仕事終わりで平日の夜にジムに通う予定であれば職場の近くでもよいですし、休日に通う予定であれば自宅の近くの方が通いやすいです。

自分が通いやすい立地条件でないと継続して通うことが億劫になってくるので、行くことが面倒に感じないことが重要です。

 

営業時間

自分が通いたい曜日や時間帯に営業しているのか確認が必要です。

仕事終わりに通うのであれば、ある程度遅い時間まで営業しているジムでないと、残業などで帰りが遅くなった場合などに利用することができませんし、利用できたとしても十分な時間トレーニングできないことも考えられます。

最近では24時間営業のジムも増えてきているので、自分のライフスタイルに合った営業時間のジムを選びましょう。

 

料金,契約プラン

会員制ジムを利用するには入会費などの初期費用と月額制で料金が発生する契約プランのジムが大多数です。

ジムによって料金は様々ですが、同じジムでも利用できる曜日や時間帯の制限のある契約プランが用意されているところがあります。
例えば、平日限定利用や夜間限定利用といった利用制限のあるプランであれば、ジムの営業時間内いつでも利用できるプランよりも割安の料金設定となっているため、自分がどのようにジムに通うのか想定し、最適なプランを選択することで費用を抑えることができます。

どちらにしても毎月や半年といった期間ごとに料金が発生するため、長期的にみて自分が納得できる金額内で検討してみてください。

 

施設,設備

ジムに通う目的に沿った施設や設備があるかどうかです。

トレッドミル(ルームランナー)のような有酸素運動をするマシンなどは大抵どこジムにもありますが、ウエイトトレーニングのマシンなどはマシンの種類や台数などジムによって充実度は異なります。

スイミングをしたい場合はプールのあるジムでないとダメですし、ヨガやボクササイズといったようなスタジオでのレッスンがしたい場合はスタジオがあるジムを選ぶ必要があります。
他にも運動後にゆっくりとお風呂に入りたい場合であれば、スパ施設が充実している必要があるなど、ジムに通う目的によって必要な施設や設備は変わります。

自分が必要とする施設や設備がないと最終的に他のジムの方がよかった…となり退会する可能性が高くなるので、まずは自分の目的をある程度明確化しておく必要があります。

 

施設やスタッフの雰囲気,客層

施設は清潔なのか、整理整頓されているのか、スタッフの対応はどうなのか、利用するにあたってやはり気になる点です。
会員制ジムであれば民間企業が運営しているためある程度のレベルでは管理されていると思いますが、築年数が古く老朽化が進んでいたり、トイレやシャワールームが清潔でないなど、アルバイトスタッフ中心であまり良質なサービスが受けられない場合などもありますので、事前にチェックしておきましょう。

またビギナーや女性にとっては客層も重要になると思います。
ビギナーであれば周りがムキムキのマッチョだらけであれば気後れしてトレーニングがやりづらかったり、女性の場合は男性ばかりの環境ではトレーニングに集中しにくかったりすると思うので、どのような客層が多いのか見学時に確認したり、スタッフに確認しておきましょう。

 

混雑状況

立地条件や設備、料金などに納得してジムに通ったとして、いざトレーニングしようとした際に混んでいて使いたいマシンが使えないとなると本末転倒です。
せっかく時間とお金をかけてジムに通うのであれば、最大限活用しないともったいないですよね。

会員が共有して使用するため、自分が使いたいタイミングで他の人が利用していること自体は仕方ないですが、それが毎回毎回だとストレスになりますし、ジムに行くモチベーションが下がる原因になります。

客層と同じく見学時にスタッフに確認しておくようにしましょう。

 

まとめ

ジム選びのポイントについてまとめましたが、一番重要なことはトレーニングを継続することです。
そのためにはやはりモチベーションが低い時でも通えることだと思いますので、個人的には立地条件が一番重要だと思います。

営業時間や料金、雰囲気などはそれぞれの目的や感覚によって優先順位は異なると思いますので、ジムに入会するにあたりなにを重要視するのか、ある程度イメージをもってジムの見学や体験などに行き、自分の目で確認したうえで入会することで、失敗のないジム選びができると思います。